お問い合わせ
ゲスト様

ドメインの種類

当サービスで取り扱っているドメインの種類です

jp .jpは日本の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。汎用JPドメインと呼ばれています。日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば誰でもいくつでも登録できます。 また、日本語のドメイン名も登録できます。
.co.jpは日本国内で登記を行っている会社(有限責任事業組合 企業組合 投資事業有限責任組合を含む)が登録できます。属性型JPドメインと呼ばれています。
com.comは商用を表すcommercialを省略したもので、世界で最も使用されている。逆を言うと取りたいドメインはなかなか見つからない。
net.netはネットワークを表すnetworkを省略したもの。古くから使われてきたドメインのひとつ。
org.orgは非営利団体を表すorganizationを省略したもの。現在ではだれでも取得できるようになりました。
info.infoは情報を表すinfomationを省略したもの。登録に制限はありません。
biz.bizはビジネスが連想されるドメイン。
name.nameは個人の名前が連想されるドメイン。登録上制限はありません。
mobi.mobiは2006年9月から一般登録が開始された比較的新しいドメイン。mobiはモバイルが連想されるドメイン。
in.inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
cc.ccはココス諸島(キーリング諸島)の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
ws.wsはサモア独立国の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
cn.cnは中国の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
me.meはモンテネグロの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
tv.tvはツバルの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。テレビが連想される。
co.coはコロンビアの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。商業(commercial)が連想されるドメイン。
xxx.xxxは一般企業が自社ブランドを第三者の不正取得から守るために取得が必要となるドメイン。自社ブランド名のブロック目的ドメイン。登録後、ICM Registryに登録する事でDNS名前解決が可能です。
pro.proは業種を問わず、様々な分野で使用されているgTLDの一つです。商標保護、個人運営サイトにお薦めです。
asia.asiaはアジア太平洋地域に向けて新設されたsTLDドメインです。
法人・個人を問わず、アジア太平洋地域にお住まいであればどなたでもご登録可能です。

空いているドメインを探そう!!